オカルト系

本当にあった集団失踪!?集団蒸発事件は存在する。ハーメルンの笛吹き男・中国人からエスキモー、アフリカ人まで世界で消えまくってる!?

本当にあった集団失踪!?集団蒸発事件は存在する。ハーメルンの笛吹き男・中国人からエスキモー、アフリカ人まで世界で消えまくってる!?

目が覚め
財布を確認すると
あるはずの
一万円札が
ない。

そして
昨日の記憶が
ない。

そしてなぜかパンツも
履いてない。

世界には不思議な事がいっぱいだ。
『消える』
この現象も
その一つと言えるだろう

あるはずのものが
なくなる。

なんて恐怖なのだろう。

今日は
忽然と消える
集団蒸発事件
特集する事にしよう。

ちなみに
私は酒のせいで
友達も消えました。

なんて世の中
XANADU
なんだ!

❶ハーメールーンの笛吹き男

みなさんも読んだ事あるんじゃないかな?
グリム童話だったかな?

ヨーロッパのとある町は
ネズミの大量発生の被害を受けていた。
そこに旅の笛吹き男が口を挟む。
『私が解決しちゃいますよ!あはははは!』
町の住人はなぜかこの怪しい男を信じ
報酬と引き換えにネズミ退治を依頼する。

結果、超パワーにより、ネズミを追い出し成功!
しかし、町の住人は報酬を出し渋り。払わなかった。

激おこプンプンの笛吹き男は
笛パワーで子供達130人を
連れ去ってしまった。。。

子供は二度と
親元に帰る事はなかった。
-FIN-

hameln_2
ってはなしね。ざっくりだけどW

 

この事件。。。。
まさかの
事実だったらしい。。。

史実では
1284年6月26日:ドイツのハーメルンにて、約130人の子供が失踪。
と銘記されており。

さらにハーメルンから発見された碑文にはこう記述があった。
「1284年、ヨハネとパウロの日
6月の26日
あらゆる色で着飾った笛吹き男に
130人のハーメルン生まれの子供らが誘い出され
丘の近くの処刑場でいなくなった」

怖っ!
こういう伝説がマジものだったケース
本当に怖いからっ!!

❷3000人の中国兵消失事件
1939年。
そうまさに世界は第二次世界大戦真っ最中だ!

何かの戦略か何かで、
3000人もの中国兵を
南京の近くの広野に約3㎞に渡って配置した。

001ec94a25c50faee25d03

さすがに大規模な配置だったので、夜通し行われたのだが
配置の完了を確認した司令官が本部へ伝達へいった数時間の間に
さっきまでいたはずの3000人の兵士たちが
全て忽然と姿を消したという。

現場には焚き火が燃え続けて
武器もすべて地面に投げ出されていた。
そして足跡はみつからなかったというのだ。

現場の状況から
私には
宇宙人の仕業としか思えません。
もしくは北京原人ですね。
火を扱ってるとこなんか
間違いありません。

▼広告だよ▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

▲広告だよ▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

❸マリーセレスト失踪事件
19世紀に、ポルトガル沖で奇妙な船が発見された。
マリー・セレスト号、それはまるで幽霊船だった。
300px-Mary_Celeste_as_Amazon_in_1861
日常生活を送っている途中で
クルーは溶けて消えてしまったのかと
疑いたくなるような痕跡が
船のいたるところに見つかったのだ。

船長室には食べかけの朝食、コーヒーからは湯気
船員の部屋には食べかけのチキンとシチュー
洗面所には髭剃り途中の痕跡
船長の航海日誌には「12月4日、我が妻マリーが」
と中途半端な走り書きが残っていた。

クルーはどこかに逃げたのではない。
救命ボートはすべて残っていた。
海賊に襲われたわけでもない。
アルコールの樽も含め盗難の形跡はないのだ。

バターが溶けるように
クルーが消えたとしか考えられない。

こちらはきっと
未来人
ジャワ原人あたりが犯人で
間違いないだろう。

それはそうと
マリーが、、、
の続きが気になって仕方がない。

ちなみにこの事件は
あの有名な
コナン・ドイルも
創作意欲を刺激された事件だったらしい。
むしろコナンドイルのせいで事実がめちゃくちゃになった?
ってか犯人?。。。。W

❹30人のエスキモー消失事件
1930年12月、北カナダのモウンティ町から北の方へ600㎞
そこには小さなエスキモーの村があった。

300px-Eskimo_Family_NGM-v31-p564
この村には大人、子供合わせて30人ほどの
エスキモー達が生活を営んでいた。

営んでいるはずたった。

警官と漁師がある用事でこの村を訪れた。
村の様子はいつもとかわらなかった。
テントの中には、火にかけられた食べかけの鍋。
しかし、人が見当たらない。

どのテントにも
アザラシの毛皮もライフル銃も
残されていたので
遠くに出かけたとは思えない。

村のはずれに繋がれていた犬は
木に繋がれたまま餓死していた。

ソリや船も残したまま
30人のエスキモーはどこへ消えたのだろうか?

後日行われた調査結果によると
村の墓地は全て掘り返され
そこへ埋められていたはずの遺体も
全て消えていた。。。らしい。

この事件は
ジャワ原人と北京原人の
はじめての共同作業だと
XANADUでは確信している。

全然関係ないけど
エスキモーっ
意味もなく無性に叫びたい時
たまにあるよね。

❺アイリーン・モア灯台守消失事件
1900年12月
スコットランド西に位置するフラナン諸島
その中のアイリーン・モア島にておきた事件
このモア島は生者を寄せ付けない悪霊の島で有名だった。

img_0そんな島に、灯台が設置され
3人の男が灯台守として住み込みで働いていた。
15日の晩、なぜか灯台の明かりが灯されなかった。
何日も明かりが灯されないことを不思議に思い
調査が派遣されたが
すでに3人は忽然と姿を消していた。

ちなみに
その3人のうちの一人
マーシャルが付けていた日誌が見つかりました。
その内容を見てみよう。


12月12日:
北西から強い風雨があり、波しぶきが塔の頂上まで達した。全て順調。デュカットは怒りっぽい。
同日
嵐が吹き続け、多数の船の灯火が見えた。デュカットは静かだ。
12月13日
相変わらず西からのひどい風。デュカットはずっと静かだ。マッカーサーはお祈りをしている。
12月15日
嵐は終わった。神はどこにでもおられるのだ。

なんか不気味な内容である。
同僚の様子なんか記述するのはちょっと不自然。
12、13日と嵐の記述があるが
実際にはその日は穏やかな天候であった。
薄み悪い日記である。。。

中央アフリカ4000人失踪事件
1980年、事件は中央アフリカで起こった。
4000人もの住民が大量にいなくなったのだ。
アフリカでは政治的な理由で村ごと
始末される事も多々。。あるらしいが。。。

今回はちょっと違う !
食料や家財道具はまるまる残っていて
荒れた形跡も死体ももちろんない!
周辺では同時期に
野生動物の不可解な減少も確認されている。

なんかマジ怖いね。
集団失踪。

消えるって事だけでも
奇妙で不気味なのに

集団なんだもんなー。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top