オカルト系

オーパーツ水晶髑髏は13個揃えると何が起きる!?『ヘッジスカル』の存在は本物なのか!『ヒムラー・スカル』『コンパッション・スカル』続々発見される水晶髑髏達〜

オーパーツ水晶髑髏は13個揃えると何が起きる!?『ヘッジスカル』の存在は本物なのか!『ヒムラー・スカル』『コンパッション・スカル』続々発見される水晶髑髏達〜

1927年の事だった。
探検家ミッチェル・ヘッジスと養女のアンナ!
彼らは
当時のイギリス領ホンジュラスだった
中央アメリカ・ベリーズの
古代マヤ遺跡ルバアントゥンを探索!!

そしてついに祭壇の下で
怪しく光る何かを発見したのだ!

そう
あれだ。

あの有名な
マヤのヘッジスカルだ!

水晶髑髏だ!

このスカルは
すっごい透明度が高い水晶を加工したものだった
出来は最高
極めて実物の人間の頭蓋骨
解剖学的にも
こめかみと頬骨部分以外を覗いたら
もう完璧っていってもいいくらい
パーフェクトスカルなのだ★

◼︎◼︎◼︎ヘッジスカルのスペック◼︎◼︎◼︎
●サイズ:
高さ:17センチ 幅12・5センチ 長さ17・5センチ
重さ:5キロ
●モデル:ヘッジスカルのサイズから
マヤ人と同じモンゴロイド系の女性と推測sukaruface↑ヘッジスカルの復元予想図
●下顎部分は取り外し可能!
img03cef8b6zikbzj

まあ、古代マヤ人がこんな精巧な水晶髑髏なんて
作れるわけないから
オーパーツなワケだけど。。。。

この髑髏調べれば調べるほど
並のオーパーツじゃない事がわかったのだ。。

まずはその眼孔
独特なプリズム構造をしており、
なんと。。。
対面した人間の
運命を映し出すというのだ。。。sukaru4

さすが唯のオーパーツじゃないぜ!
パーフェクトスカル!

▼広告だよ▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

▲広告だよ▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

凄いのはこれだけじゃすまないぜ!
プリンターとかパソコン関連によく付いてる
hpのロゴマークで有名な
ヒューレット・パッカード社が
なんと!
このスカルの調査に協力してくれたのだ!
そしてパーフェクト加減を証明してくれたのだ!

hp社の調査でわかったのだが
マジでビックリです。。。。
水晶の表面には、道具で加工した痕跡がまったく
なかったのだ!!

ちなみに工具なしだと
300年も加工に時間がかかるという。。。
あほやね。

そして
通常水晶の加工は
水晶の自然軸というものに沿って
加工しないと加工がうまくできなかったり
壊れてしまうらしい。。。
これはレーザーだろうが
超水圧加工だろうが
基本は同じだ。

しかしながらこのヘッジスカル!
この自然軸を完全無視した加工が施されているのだ。

そんな無茶苦茶な加工に対しても
ヘッジスカルは美しくパーフェクトなのだ。

hpの分析担当は
『こんなスカルはありえないよ。存在するはずないよ。』
と呟いたと言う。

つまりあのヒューレット・パッカード社が
このヘッジスカルの凄さとパーフェクト加減を
証明してくれちゃったのだ!

しかしながら
このスカルはなんで作られたのでしょうか?

このスカルの作られた目的は
ミッチェルが言うのに
紀元前1600年
マヤ文明の高位の女性神官が
秘儀に使用したと言っている。

そして、このスカルのとどめは
なんと
このようなクリスタルスカルが
世界には全部で13個存在しているとい言うのだ!
そしてその13個のスカルをすべて集めた時

地球の真実の歴史
大いなる叡智
そして超古代都市の全貌が

ホログラム映像みたいに
どかっと
現れるらしい。。。
そして
マヤの神『クルルカン』
が地上に再来するらしい!!

ドラゴンボールかよ!?w
シェンロンの方がいいなー
不老不死お願いしたかったなー

ちなみに
こんな戯言は
マヤの末裔である
アメリカの先住民がそう言っているのだ!w

けど今回はなんか
いらっとしているので
夢のない話をします。

このスカル
結構捏造じゃないの!?
って意見多くて。。。

ヒューレット・パッカード社の調査の後に
もっとすごい、精密検査を行いました。
それが
1980年:アメリカの研究者フランク・ドーランドによる検査
2008年:スミソニアン博物館による顕微鏡検査

そしてこの二つの調査で。。。
残念、無念。。。
水晶ドクロには工具の跡が発見されちゃいました。。。
ドーランドの検査では歯の部分の表面に機械を使っていた痕跡が。。。
スミソニアン博物館の検査では現代のダイヤモンド研磨剤の使用跡が。。。。

こんな事実をもとに検証すると
このスカルさんは19世紀後半にドイツのイーダー・オーバーシュタインという町で
作られたんじゃないかなーと言われているらしいです。。。

残念すぎるぞ。。。

なので、みなさん。
スカルを13個も探すよりも
ドラゴンボールを7つ集める事を
XANADU的にはオススメね。。。。W

しかしながら
最後に期待を裏切らないのが

XANADU!!

実は2000年代に入ってから
ヘッジスカルのような
オーパーツスカルが続々発見されているというのだ!

例えば
2010年にアフリカのナミアビで発見された
『コンパッション・スカル』
ヘッジススカルと大きさもほぼ同じで
下顎が外れる。
そしてすごいのは
頭頂部に地図のようなもの
が浮き上がる
光の角度により様々なものが
浮き上がるらしい。。。。

こいつはヤバいね。

そして更に
2011年にドイツのバイエルンで発見された
『ヒムラー・スカル』

14_07_27_1
ナチスドイツの親衛隊SSの隊長である
ハインリッヒ・ヒムラーが秘匿していた
ナチスの秘宝だ!
小村の屋根裏部屋から発見され、
リストの一部には

・ナンバー14:クリスタル・スカル 263-2
・親衛隊全国指導者コレクション・ラーン
・ナンバー25592:
・皮製ケース
・水晶製頭蓋骨
・南米

という記述があったとの事だ!

親衛隊全国指導者というのはヒムラーの正式な役職名!
ラーンはオカルト研究グループの長だったオットー・ラーン。
そして、南米は恐らく入手先ではないかなーってところですかね。。
下顎は外れないが、ヘッジスカルに似ているらしい。。。。

 

こんな感じで不思議なスカルが
13個揃う日も近いかもしれないが。。。。

ヘッジスカルが偽物だったからなあ
あははははW

 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top