オカルト系

コックリさん★起源はまさかの15世紀?ダヴィンチに書物に登場!?マジモノ降霊術!?ウィジャボード?コックリさんの真相に迫る!

コックリさん★起源はまさかの15世紀?ダヴィンチに書物に登場!?マジモノ降霊術!?ウィジャボード?コックリさんの真相に迫る!

小学校の頃・・・・
放課後・・・・
友達とかと・・・
悪ふざけでやりませんでしたか・・?

机の上に
“はい”と“いいえ”
それから
鳥居
男、女の性別
0~9までの数字

とどめに
五十音表
それらを記入した紙を置き

その紙の上に
十円玉を置いて
参加者全員の指を添える

そして唱える!


こっくりさん!
こっくりさん!
オープンザ・セサミ!
ヒットandラン!

※地方によって違うらしい。


不思議不思議
10円玉が動いて質問に答えちゃいます!

そう
コックリさん!kotsukurisan

場所によっては
エンジェルさんとも言うらしいですが
基本ルールは同じ!

お狐様の霊を呼び出す
降霊術!

懐かしい。
不思議と当たるんですよね
アレ。。。
何か涙が。。
セツナイ思い出が。。。W

小学生や中学生くらいの子供が興味本位でやったり、
学校の七不思議や怪談なんかでもよく登場する
この
こっくりさん(狐狗狸さん)


歴史が古そうな遊びですよね
きっと江戸とか、室町時代、もしくはもっと!?
鳥居があったり、
何より狐様に質問するんですから。
すごい由緒ある遊びなんでしょうね。

何かお稲荷さん連想しますしね。
▼広告だよ▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

▲広告だよ▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼
とか思っちゃってる貴方。
残念!

ぶっちゃけ
1884年に
西洋から日本にこっくりさんは伝わりましたー
お稲荷さん全然関係ありませんでしたー

残念!

もともとは西洋のゲームだったんです。
その名も
“ウィジャボード”
聞き慣れない名前です。

さて現物はというとこれだ!

どん!
English_ouija_board

ふむふむ、ほとんど同じ、ちょっとお洒落な感じ!
シャレオツ!オツカレ!な感じ!
(?)
五十音よりアルファベットの方が
数が少なくてシンプルで楽だなw

大きな違いは
鳥居のかわりに、ハロー!グッバイ!
コインのかわりに、
変なプランシェットとかいう
ハートの小道具を使う事ぐらいですね。

1892年
パーカー・ブラザーズ社が
占い用ゲームとして制作、販売したものだったのですね。

名前のウイジャ(Ouija)とは、
フランス語で「はい」の Oui
ドイツ語で「はい」の Ja
をくっつけた造語!

つまり
ハイ!ハイ!ゲーム
だったのです!
あんよが上手!だったのです!!

お稲荷さん。。。W
マジ関係ないわ!!
めっちゃ輸入ものやん!

小学生の頃に
狐霊にビビりながらやった

あのドキドキ感を返せ!!W

しかし。
ウィジャボード・・・・

起源を遡ってみると
結構古い。
15世紀のレオナルド・ダ・ヴィンチ
そう
あの有名なダヴィンチ先生!!TGVvbmFyZG9fZGFfVmluY2m2Jw

彼の書いた自著に登場するのです。
その頃はまだ名もなく
「テーブル・ターニング」
として認知されていました。

この「テーブル・ターニング」とは
数人でテーブルを囲み手を乗せる
するとテーブルがひとりでに傾いたり、移動したりする
というもので、
出席者の中の霊能力がある人を霊媒として介し、
あの世の霊の意志が表明される。

と言った内容だったのだ。

 

つまり。。。
狐じゃないけど、やっぱり霊の仕業だって感じな内容
つまり、
マジモノの降霊術やん。。。

要するに
コックリさんは
やっぱり。。。。
心霊的な何かヤバいもので
怖い遊びだったんですね。。。

でも確かに
コックリさんの呪怖かったもんなー

途中で手を硬貨から離したり
コックリさん終了後に
「コックリさん、ありがとうございました。お離れ下さい。」
の命令に従わないでこっくりさんが居座ったりすると
呪われるとか。

使用したコインを三日以内に使わないと
呪われるとか。

一人でコックリさんすると
人格が破綻したり
自殺を図ったり
人を殺そうとしたり
危ないとかね。。。

確かに結構怖いウワサ多いもんね。。

でもぶっちゃけ
俺が
一番怖いのはさ。。。。

降りてきた幽霊が
貞子ちゃんとか05_01
伽倻子ちゃんとかだったらimg5ca1c5c9zik8zj

ほんと最悪だろうね。。。

わっはっはー

マジこわ!!眠れんわ!

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top