オカルト系

犯人はエルフ【妖精】!6年監禁された?アイスランド【エルフロック】にて美人女性人類学者救出される!その真相は!?

犯人はエルフ【妖精】!6年監禁された?アイスランド【エルフロック】にて美人女性人類学者救出される!その真相は!?

妖精さんを信じたいけど
心が汚れて信じられない
可哀想な諸君!

朗報だ!!

以前
XANADU的に
テキトーに報告した

妖精の靴発見の記事
妖精の靴
可哀想な君たちも
少し妖精が信じられるようになっている

はず!?

今回は更に追い討ちをかけて

貴方の心
更に浄化♪

妖精の存在促すような
そんなニュースをお届けしちゃいまっする!!

こんどは監禁だ!!
美人学者監禁事件!!
犯人は
妖精だ!!

時は遡り
2006年1月
アイスランドのレイキャビクにて
1人の女性の捜索願いが出されていた

彼女の名は
カレーナ・ソンダガート
学者
コペンハーゲン大学在学の研究者だ!
人類学者で
ちなみに美人だ!

彼女は博士論文のテーマが
妖精に関するものだったため
この地を訪れ、物証を探していた

その彼女が突然!_
まさかの失踪である。。。
行方がわからなくなってしまったのである。。。

当時の警察はもちろん
仕事だから。。。。

彼女が何かの事件に巻き込まれた可能性がある
と念入りに調査した
仕事ですからね。
事務的だったかもしれないけどW
徹底的に調査した結果

何も手がかりを見つける事ができなかった

うん
無能

 ▼広告だよ▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

▲広告だよ▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

そして6年後
2013年2月4日
ハイキング中の人達が
彼女を発見した。

何と、
全裸で
岩の丘を全力失踪

そう
彼女は
裸族になんていたのだ!!

裸族
ソンダガート
デビュー

まあ
XANADU的には全裸美人は大歓迎ですが
世間体的に保護しなくてはいけません。

残念ながら。

彼女は
地元で“妖精の住処”として有名な
エルフロック
という洞窟で無事保護されました。
もちろん全裸で保護されました
救出
IMG_1757

彼女はまるで野生の獣のようになっていました
そして全裸でした

残念ながら。

保護された彼女はセレブな感じに
ヘリコプターで病院に搬送されました。

その搬送した当事者
アルモア・グジョンセンさん
こう語りました
『彼女さー、聞いた事もないような言語をつぶやいてたよ
わかったのは古いアイルランド語の“アルフール”って言葉だけ。
アルフールってのはね、妖精って意味ね!?わかる?
あと彼女の背中には“エルフライティング”って
名の絵柄の刺青があったね
彼女もしかして…』
※超意訳

それから
コペンハーゲン大学の元同僚
ニールス・クリスチャンセン博士
もこんな事言っちゃってます。
『彼女はさ、妖精の王国!それの入り口を見つけちゃったんだよ!!
君だって家に勝手に入られたら怒るだろ?妖精だって一緒さ!
彼女は妖精のご機嫌を損ねて監禁されてたんだと思うんだ
君もそう思わないかい?』
※超意訳

この2人からの証言により
XANADU的には

犯人=妖精

ほぼ確実だと見込んでいます!

たぶん300%くらいW

そして、なんと
この洞窟、当時の警察は一切調査していないという。
こちらの方がヤバいような。。。

この事実に対して
警察関係者ではなく
妖精伝承に詳しい

エバ・ブリンディサルソンさん
がこんなコメントを残してくれました
『アイスランド政府の事を君たちは何もしらないね。
彼らは妖精伝承の史跡に対して敏感なんだ
あの洞窟の調査なんて当面は無理だね。』
※超意訳

今回わかったこと。

❶妖精はいるってこと
❷妖精の国の入り口みつけても入っちゃ行けない事。
❸アイスランド人の名前が複雑である事。
❹アイスランド人は適当
❺全裸は健康に良い

以上!XANADU妖精レポートでした!!

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top