オカルト系

THE BELL★ナチスが秘密裏に開発に成功した超兵器!?タイムマシン?いやUFOだ!!その鐘型兵器【Die Glocke】開発の真相・真実とは?動画付

THE BELL★ナチスが秘密裏に開発に成功した超兵器!?タイムマシン?いやUFOだ!!その鐘型兵器【Die Glocke】開発の真相・真実とは?動画付

ナチスドイツ!!
自らをアトランティスの後継者と名乗り、
髑髏に鍵十字
オカルティック満載な
第二次世界対戦の問題児!

あのナチスドイツ

世界大戦中、秘密裏に作ったと言われている
スーパーマシンが存在するという。。。

その名も
『The Bell』b61bcdb4
別名、Die Glocke と言われるこの装置、
タイムマシン?超兵器?
いろいろなウワサが絶えません!!

「The Bell」スタータス:
□高さ:約5メートル
□直径:約3メートル

写真をみてもわかると思いますが、名前そのままの鐘のカタチをしています。
ナチスの鍵十字のおかげで、
寺の鐘をかなり連想させられるのは
私ダケなのでしょうか?

108つの煩悩を鐘をついてどうにかするとか
そんな兵器だったとか!?W

まあそんなワケあるはずもありませんが。。。W

この兵器は、
ポーランドで開発されていた事はわかっており、
開発を指揮したのは親衛隊大将ハンス・カムラーだといわれています。
カムラーは1944年に秘密兵器開発の最高責任者となり、
チェコスロバキアのピルゼンで、
天才達を集めベルの設計を検討したそうです。

もちろん、設計図は極秘!

ベルはとても硬い金属で作られており
内部には逆回転する2つのシリンダー
そのシリンダー内部は
赤い水銀に似たXerum 525という液体で満たされていて
起動中は、青や紫の光を放ったそうです。。
ちなみに、
Xerum 525はパラフィンとベリリウム、トリウムの化合物?
と考えられています。。。

そして。。。
実験中に
かなりの放射性物質が出て
多数の死傷者がでたという。。。

あまりにもこの兵器の性能とパワーがヤバいため
この開発に関わった科学者60名は処刑されているとの事。。。

きゃぁぁああああ!!
秘密を知ってしまった私も
消されるかもしれない。。。。W
怖い。。。。W

しかしながら

このお寺の鐘みたいな兵器。。。
いったい何ができたのでしょうか。。?

一応いわれているのが、

・周囲の生物を分解してしまうトンデモ兵器!
・重力を曲げるトンデモ装置!
・時空を曲げ過去へ繋がるタイムマシン!!

 

うーん、どれも凄すぎる超装置なのは確かだろう。。

▼広告だよ▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲

▲広告だよ▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

しかしながら、もっとも有力な説は
あれだ!

UFO!!
スクリーンショット 2014-10-05 16.03.41

実は、1965年12月9日、
アメリカ、ペンシルバニア州のケックスバーグに
同じようなベル型のUFOが墜落をしていることです。
「ケックスバーグ事件」と呼ばれるUFO墜落事件なのですが、
1947年の「ロズウエル事件」と比べて日本での知名度は弱めかも。。。

そして当時のドイツは、
連合軍に空港をめちゃくちゃにされており
垂直離陸できる兵器
つまり、UFOが必要だったとの事だ!

またこの機体の開発には
秘密結社ヴリル協会が関わっていた?とも言われていて
機体にルーン文字のような謎の文字が刻まれているらしい。。。140411nazis3

この超兵器開発中に
敗戦がほぼ確定してしまったので、
ヒトラーさんは、開発者を処刑、隠蔽したそうです。。

しかしながら
開発指揮をしていたカムラーさんは
この超兵器の情報を条件に
身辺の安全を申し出た可能性があるらしいです。。。

戦時中、結構まずい事や酷い事してるのに、
軍事裁判で免責になってたり、
1945年から忽然と姿をけしたり。。。

カムラーさんは怪しいところてんこ盛りなワケです。。。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top