アーティファクト事典

妖刀❶草薙の剣の真実-日本一の聖剣は禁断の魔剣だった・・・・

妖刀❶草薙の剣の真実-日本一の聖剣は禁断の魔剣だった・・・・

あの日本古代の伝説の聖剣草薙の剣は実は妖剣だったというのか!?

熱田神宮に鎮座する『草薙の剣』
神話に由来するこの宝剣は神宮のご神体そのものだ。誰もが知っている三種の神器の一つであり、日本で最も神聖で貴重な刀剣だと言えるだろう。

この宝剣が実は、人間のみならず、国家の命運すら崩しかねない強大な呪力と霊力を秘めた恐るべき魔剣の一面を持っている事を知っているだろうか? 知らないだろう? ぶっしゃけ知らないだろう?

『古事記』や『日本書紀』に記された神話によると、スサノオノミコトが出雲でヤマタノオロチを退治したとき、大蛇の尾を裂いてみたら、太刀が現れた。これが雨叢雲剣(アメノムラクモノツルギ)つまり、草薙の剣である。

草薙の剣はこのあと結構転々とします。神剣なのにっw

スサノオ→アマテラスオオミカミ→ニニギノミコト→ウガヤフキズノミコト
の流れで、歴代天皇に伝えられ、垂仁天皇の時代に伊勢神宮に祀られるようになった。

そんで記念すべき最初の犠牲者なあの有名人

ヤマトタケル
たぶんイケメンです。

景行天皇の時代
ヤマトタケルは伊勢神宮に仕える叔母のヤマトヒメからこの宝剣を託され、
東国平定に向かうことになるのだ。
草薙の剣を振い、見事討伐を果たすのだが。。。。。

ここまでは素晴らしい力を発揮した『草薙の剣』。。。。

しかしながら、物語は残酷です。。。。

ヤマトタケルはその帰路に出会ったミズヤヒメと結ばれます。イケメンだからです。たぶん。。。
その後、なぜか神剣を外し、山の神の討伐にでかけちゃいます。それから荒ぶる神の毒気をうけ、重病にかかり、足を引きずりながらも彷徨いたどりついた伊勢神宮で力尽き死んでしまいます。神剣持っていかないからです。イケメンだけどバカだったのです。

それにしても英雄には可哀想な悲運な結末です。あんまりです。。

しかしながらなぜ彼は神剣を外して討伐にでかけちゃったの!?
調子にのって自分の力を過信した馬鹿なイケメンと片付けるには如何なものでしょうか?

見方によれば、恋人の元で、草薙の剣が慢心した英雄を祟り殺したようにも見えなくもありません。
東国平定のために振った『草薙の剣』の力の代償を命という形で支払ったのではないでしょうか?

つまり、日本古来の聖剣は、力の代償を命で奪う妖刀、魔剣の類いといっても間違いではないのでは。。。ない。。かもしれません。

これ以降、草薙の剣は尾張の熱田神宮にご神体と祀られるようになります。それから数百年後の天智天皇の時、新羅出身の同行という僧侶が祖国に宝剣を持ってかえるために盗み出す事件が勃発。まあすごい坊さんです。同行さん。。。まじでただの泥棒じゃないか。。。

しかしながら。。。。まさかの船が難破。同行は大阪で捉えられ斬首。草薙の呪いです。。。

この騒動の後 草薙の剣は熱田神宮から天皇の宮殿へ。さすがにもう盗まれるのはこりごりですよね。。。。
そのタイミングで、まさかの天武天皇が病に。。。。
占いによって『草薙の剣の祟り』と託宣されたのだ。草薙の剣は直ちに熱田神宮に返されたが、病はなおる事なく、まもなく崩御されている

つまり『草薙の剣』は
天皇をも祟った恐怖の神剣だったのです。

古代依頼、天皇ですら実見が許されないという『草薙の剣』
実際のところ、このような凶事を恐れての実見禁止ではないのだろうか?

また、江戸時代に
神具を実見した神職に神罰が下る事件勃発
熱田大宮司が4、5人の神職と密かに御神体の剣を見たという。3重になった箱をあけると中に納められていたのは、長さ80センチの白い神剣。菖蒲の葉のような形をし、中央は鎬のように厚くなっていても元の部分のだいたい20センチくらいのところが魚の背骨のように節だっていたと内容を残している。

その後、その実見した神職のうち
大宮司→しばらくして不運にあい流罪
残りの神職→重い病により、相次ぎ死亡

明治にも新政府が勅使を送り、実見を試みたが、最後の箱があける事ができなく、至らなかったという史実も残っている。

草薙の剣はやはり、相当レベルの高い妖刀、魔剣の類いなんだろう。

ああ、怖い、こわい。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top