アーティファクト事典

妖刀が秘める恐るべき霊力!!妖刀基本篇

妖刀が秘める恐るべき霊力!!妖刀基本篇

古来の日本では刀剣は単なる武器として扱われてきたワケではないのです。。
その鋭い刃にはヒトやモノを殺傷する武器である以前に
神聖な宝器として崇められていたのだ

つまり
刀剣=呪具
であり、
そこに込められたエネルギー=武器としての性能の根源
と考えられてきたのだ。

呪物としての刀剣は神聖な力を発揮し、持ち主に勝利と幸運をもたらすのが常だったが。。。。
反対に、凶悪なあらぶる力をあらわにした、祟り、魔力を発揮する刀もあった。。。
それが
『妖刀』
である。

典型的な『妖刀』は持ち主を祟るもので、恐ろしい力を手に入れながらも、
その刀を手に入れた武将が凶事に巻き込まれたり、一族がその刀によって殺傷されたり。。。。その刀を手放したおかげで悲運に教われる。。。なって事もある。。。

恐ろしい。。。刀なのです。。

ByXZ9

またその刀が物怪のように持ち主にとりついて、思いもよらぬ行動をとらせたりするけーすもある。。。その妖刀を手にした瞬間に、人格が豹変し、無用な殺傷を犯してしまうというのがそのケースになる。。

そして持ち主が変わるたびに、積み重なる怨念のように込められる魔力は力を増し、より大きな凶事を引き起こしていく。
しかしながらも『妖刀』はこうして恐れられながらも、一方で小悪魔のように人間を惹きつけ、武将たちを不思議にも魅了してきた。

いったいなぜ?

ひとつ、往々にして、それがよく斬れる名刀だったからだ。日本刀の制作には熟練刀工の鍛錬技術が必要不可欠で、妖刀となるとまず例外なく名だたる刀匠が作った鋭利な刀になるのだ。

そしてまた、そこから放たれる異様な美しさも、妖刀の魅力と言える。確かにその澄み切った刃文や光り輝く切っ先はみる物を蠱惑してしまう妖美さを備えている。
命を殺める凶器がたたえる妖しい美しさは刀剣の秘力といえるのかもしれない。

妖刀を語る上で忘れてはいけないものは、刀工達の事だ。
より美しく、より鋭い名刀作りに一生を捧げた職人達の思いが、時に霊力や呪力に変容し、妖刀が生まれる事もあったのではないか?

次回からは日本の歴史の闇にうごめくそうした妖刀、怪刀にまつわるミステリーを紹介していこうと思います。

次回宜しく!

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top