ニュース

霊媒師『イタコ』って何?★スーパーニュースで報道・被害続出インチキイタコ電話占とは無関係!現存する恐山の『イタコ』ってこんな人達!

霊媒師『イタコ』って何?★スーパーニュースで報道・被害続出インチキイタコ電話占とは無関係!現存する恐山の『イタコ』ってこんな人達!

本日のスーパーニュースでスピリチュアルな落とし穴という報道がありました。イタコが占いをしてくれるという、電話サービスがあるというのだ。。。
すごいサービスだな。。。
しかしながら『恋』『家族』『仕事に』悩み多き女性はしかたないですよね。。占いに頼りたくなる気持ちわかります。。。
とある30代OLの女性は不倫中の彼氏のことで、鑑定時間約40分に対し料金は約8000円。この女性は1ヶ月の電話占い料金が月収を上回ったこともあるというから本当にびっくりでした。
びっくりすぎて!痛!イタコでした。(言いたいダケですw)

さて諸君!このイタコってご存知ありますでしょうか?

死者の魂をおろして死者と話ができるという『口寄せ』を行う霊能者、それが『イタコ』です。青森の恐山のイタコといえば結構知られて有名なので耳にした事くらいはあるのではないでしょうか
しかし実は恐山があるむつ市にはイタコいないのです
実は大祭の期間中に青森県内から恐山に集まってくるんです。
恐山菩提寺 陀代の南さんは事実として恐山で修行したイタコはいないと証言している。
また大祭が行われる賽の河原地蔵尊で話を聞いたところ、今年集まるのは1人だけだという。
30年前は30人いたというイタコだが、高齢化で減少し去年はなんと1人にまでなってしまったという。
このイタコがいうには、現存するちゃんとしたイタコは2名しかおらず、他の『イタコは』大半は役者。まがいモノだという事だ。本物のイタコは電話占いはしないと断言した。

つまりこの占いサイトはかなり疑わしいという事がわかったそうな。。。実際、本拠地にイタコなど存在しておらず、国民消費者センターに被害もさっとうしているとの事。。。

酷い話です。。。イタコを語る偽物に注意しましょう!!というわけで本物のイタコってのを今回ご紹介していきたい!!
さてさてこれが『イタコ』だ!!

baba1

東北地方とくに下北半島周辺における民間霊媒師
語源:2つ説があります。

❶アイヌ語の「神がこう告げた」という事を「イタク」というのですがソレが訛ったといわれている
❷斎巫女(イツキノミコ)が零落して各地方を放浪し北地方に流れ着いた者をイチコと読んだ、それが訛ってイタコとなったという。ちなみに斎巫女(イツキノミコ)とは神道において神の宣託を伝える役目を担う巫女の事です。

イタコの技:死者や生者の霊を呼び寄せ、自分の身に憑依させて相談者と会話させるこれを『口寄せ』といい、これがイタコの技となります。生者も呼寄せることができるんですね。。。しらなかった。。。
巫女も同じように霊魂を呼び寄せ神がかりになることはありますが、巫女が降ろせるのは神の霊のみなんです。、。
神の霊に加えて、生きている者、死んでいる者問わずその霊魂を降ろせるのが、霊媒師としてのイタコの最大の特徴!ここが凄いとこなんですね!

霊媒行為を繰り返し、経験を積むともっと凄いことができちゃうんです!!
ただ霊魂を降ろすだけじゃなくて。会話ができちゃうんです。。。見えない霊体と会話をして意思を聞き、過去・現在・未来、そして人の感情や思考を的中させることができるんです。。。ようするに、死んだ人間と会話ができるという事ですね。。。ふむふむ凄い!!

ちなみにイタコは修行した結果なることができるので、生まれながらに霊感や霊能を必要としません。
修行次第では誰でもなれる可能性があるのか!!?『イタコ』になりたい!!

じつはそうでもない。。。
修行過程は非常に厳しい上に。。。。またイタコとなれる者の資格も限定されていた。。
完全な盲目もしくは視力に障害がある女性しかなれないのです!!
私はド近眼ですが、男性なのでなれません。。。。w

これにはいろいろワケがあります。
近世以前の農村社会においては婚姻を忌避される傾向が強く、そういった女性に残された道がイタコだったのだ。

イタコへの道

◎記憶力の旺盛な幼年期には弟子入り。初潮を迎える直前の少女のうちに入門するケースが多かったそうです。。。。
なんともコメントしずらい。。。

◎弟子入りしたらまずは、師匠の家で炊事洗濯等下働きをしながら、2〜4年間修行。巫術や祈祷をマスター!最初に憶えるなくてはいけないのは『呪文』儀式の際に唱える経文や祭文、祝詞、真言等です。膨大な量の呪文集を口伝てのみで正確に覚えるまで終わりません。つらそう。。。無理。。。ぽ。。

◎通過儀礼:一、二週間前より穀断ち・火断ち・塩断ちなどの断ち行。さらに冷水を浴びる水垢離、頭、両手、両膝を地面につけて仏様にひれ伏す「五体投地」などの精進潔斎を重ね、身を清めて神の使いとなる日をまつ。僕には塩はたてません。無理です。ハンバーガー食べたい。。。。毎日。。。

◎神憑式:そしてついに念願の神憑!師匠イタコの家に弟子の身内があつめられ、その中で、師匠と弟子は向かい合い、ひたすら経文や祭文を唱え続ける。弟子が失神するまでこれは続きます。これは人為的に極限のトランス状態を作り出し、霊を降ろさせるためだ!
降りてきた霊は師匠によって審神(さにわ)され、弟子の守護神と守護仏の名が明らかになるのだ!!

◎神憑式終了後、師匠から免許状・イラタカ数珠・梓弓などの巫具を授けられます。はれて『イタコ』になれたのだ!!

でも実際イタコの力が本物かどうかも大切なのだけど。。。それ以上に、依頼者の死者に対する悲しみや悩み事の解決には必要な癒しの効果は絶対的な価値があると思う。。。必要なものだと思う。。。死者とはもう二度と話ができないのはわかっているんだけど、それに縛られて生きているヒトはたくさんいるんだと。。。そこから解放してくれる、セラピスト的な役割をになっている『イタコ』を僕は凄いと、素敵だと思うのです。。。

だからこそ
そんなイタコを悪用した今回のインチキ占いサービスには正直がっかりします。。。弱みに付け込むのも腹が立つ。。。

2013102300013_1
写真は最後のイタコといわれている、松田広子さんです。。まけないで頑張ってください!!

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top